Pocket

今日は4月28日日曜日。昨日から日本は10連休だとか。長年中国に住んでいると、日本の動きが時々分からなくなります。とりわけ今年のゴールデンウィークは特殊なため、10連休の実感を感じ取れていません。

弊社は中国福建省アモイ市に登記されている外資企業なので、日本の祝日と中国の祝日を念頭に置いて営業しなければなりません。日本企業様とのやり取りは日本のカレンダーにそって、中国企業様とのやり取りは中国のカレンダーにそって行わなければなりません。正直大きい会社ではなく少ないスタッフでやっておりますので、実質は日本の祝日や中国の祝日に関わりなく業務を行わなければならないという、いわばブラック企業でございます。とほほ。。。

それでも、日本と中国の祝日が重なる日には心置きなく休業することができます。その数少ないチャンスの一つがゴールデンウィーク!

実は中国もこの時期に休暇があるのです。

5月1日は五一劳动节という休日で、いわゆるメーデーですね。勤労感謝の日に近い意味合いを感じます。

通常は5月1日からの4日間が休日となります。今年2019年は、5月1日水曜から5月4日の土曜までが休日です。

5月5日は日曜だから、今年は5連休じゃん!と思う方は、まだまだ中国を知りませんね。

中国はこうした長期休暇の際は、振替休日ならぬ振替出勤日(中国語:补班ブーバン)があるのです。どういうことかというと、通常は休みの日曜に代理出勤あるいは代理登校しなければならないのです。

五一国际劳动节とは?

今年を例にとると、5月1日から4日までが休日。

その代わり、4月28日日曜と5月5日日曜は平日扱いということになっています。

つまり、4連休でも、そのうち一日は土曜日、前後の日曜は平日扱い、実質の休みは5月1日の1日だけです。

うーむ、休んだ気がしませんね………。

しかもこれ、毎年いつが振替出勤になるかは通知されるまで正確には分かりません。なので、数か月前に時点ではみんな正確な日程を特定できません。もちろん規則はあるので、おおよその予測はできますが。

私も中国にきた当時はよく理解できませんでした。

中国企業や中国人スタッフを関わることが増えてようやく分かってきたものです。

とりわけ私個人の生活に影響を及ぼすようになったのは、息子が小学校に通うようになってからです。地元の学校なので、もちろんこの規定にしたがって今日も日曜ながら登校しました。

私も完全に今日は出勤モードになっていたので、中国企業様とも普通にやり取り。うっかり日本企業様にも通常モードでメールを送ってしまいました。

いつもはすぐに返信してくださる方なのに、今日は遅いなぁと思って、ようやく今日は日曜と気づく有様。大変失礼いたしました。。

というわけで、弊社はゴールデンウィークも変わらず通常営業中です!トホホ。。。

それでも、今年は5月1日からの4日間を心置きなく休めるので、小学一年から中間テストで頑張った息子共々、家族でリフレッシュします!それを楽しみにあと3日頑張ります!

弊社は中国福建省厦門市で現地法人を設立し、中国進出や攻略される日本企業様をご支援いたします。とりわけ中小企業や個人事業様の支援、中国の事情を詳しく知らないという企業様、中国市場に切り込みたいけど何をしたらいいのかわからないという企業様を大歓迎しております。御社のスタートアップを豊富な攻略プランで協力バックアップします!

法人設立代行、中国各種メディアやSNSを活用したプロモーション、越境EC、インバウンド事業まで、現地法人の強みを生かし、お客様に最も適したサービスをご提供いたします。

相談レベルからでも結構ですので、まずはどうぞお気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせはこちら!

Pocket